修理できるバッグの箇所

バッグの修理できる箇所は、持ち手部分、ぐるっとエッジを保護しているパイピング部分、内袋の交換、持ち手の部分の金属の交換、持ち手と本体部分を繋ぐ根革部分の交換があり、その他にもファスナーが開閉しにくいのであればファスナー部分も交換できます。

重い荷物を入れていると、持ち手の革や根革部分が切れてバッグ自体が使えなくなっていまうこともあります。切れたものを取り除き、似たような色の新しい革を使って修理することで新品のように生まれ変わります。内袋は、時間が経つと合皮素材が劣化してしまい、革がひび割れて白くなったり、接着剤が溶けてベタっとした感じになることがあります。

元に戻す修理ではなく、こちらも新しいものに取り換えることできれいになります。また、床に置いたり、ぶつけたりと使えば使うほど角がすり減り、パイピングの部分の革が裂けてしまうこともあります。特にボトム側のパイピングはよく擦り切れます。

一部だけの修理も出来ますし、全体的に新しくすることも可能です。ファスナーは、時間とともに開閉しにくくなったり、布の部分が汚れてしまうので、そういった時はファスナーを変えるとスムーズな開閉でストレスフリーになりますよ。

バッグ修理専門業者の選び方